タイトルとディスクリプションは最適化する!

作業机に置いてあるPC

記事を書くときに必ずつけるのがタイトルです。実は検索サイトではこのタイトルを重視しているので、出来るだけ最適化と呼ばれるようにきちんとしたタイトル付けを必要とします。
また、ディスクリプションという説明文も必要です。具体的にどういうもので、どういう必要性があるのか見ていきましょう。

まず、タイトルとはその名の通り記事のタイトルのことで、記事の内容を決めるときやタイトル付けを必ず行います。ディスクリプションとは説明文のことで、簡潔に言えばそのサイトの説明を表示するときに必要な文章です。
実はこの二つが必要なのは、検索エンジンで表示されるときにどのように表示されるか、クリック率がどのように変わるか、という事がポイントになります。検索サイトの検索結果のページでそのサイトを見るかどうかを決めるのは、結局そのサイトのタイトルとその下にある説明文です。その二つがしっかりあればそのサイトのクリック率は高くなり集客は可能になりますが、その二つがあまり良さそうに見えない場合はクリック率も下がる傾向があります。

また、検索エンジンはそのサイトのタイトルとディスクリプションを評価の対象とします。具体的にどんなキーワードを使ってどういう文字列なのかという説明文や、その内容として使われる内容、単語の比率や説明されている内容などを重視します。
最近ではブログシステムが勝手に最適化してくれる場合もありますが、自分でつける場合も少なくありません。システムが作ってくれる文字列では好ましくない場合、自分で考えても構わないのです。

自分で作る場合、まず内容を簡素にすることを考えましょう。実はどちらもすべての文章が表示されるのではなく、ある程度文字数があります。このため、一定の文字数以下の場合は省略されます。一説には30文字とか40文字程度に収めると良く、出来ればそのくらいまでの文字数が望ましいでしょう。当然、短い方がクリックされやすいと考えるのなら、そうしても構いません。
次に、ディスクリプションは72文字とか80字までしか表示されません。こちらも文字数を超えた場合は特定の文字数以降はカットされますので、あまり長い文章は望ましくないでしょう。

ディスクリプションの場合、具体性のある文章を的確に簡素に表示するのが良い、とされています。さらにキーワードを含めたり、具体性のある内容だとより良いとされています。また、検索サイトによっては評価となる星の数やカード表示が出来る場合もあるのです。

サイト内検索
人気記事一覧