リライトはどれくらいの期間で行えばいい?

定期的に文章を書くだけではなく、書いた文章に手を加えることもあります。これをリライトといい、サイトのコンテンツ改善につながります。

そもそもリライトする必要があるのは、情報の鮮度が落ちてきたときなどです。例えば役に立つ情報を検索していたページが、その後に何らかの事情や状態の変化によって古い情報だと判断されると、検索順位が落ちる事があります。このため、提起的に手を加えて情報を更新することで、情報の鮮度が保たれて情報の質が高いとされるのです。

リライトする期間も様々ですが、基本的に検索順位が下がってきたときや、情報が明らかに古くなってきたときはリライトしたい時でしょう。時代の変化とともに変化があった情報や、役に立つ情報をより多く入れたり、情報のコンテンツ順序を改善することでアクセス解析でもよい結果を得られます。

気をつけたいのは、ただコンテンツ順序を変えるだけではリライトとは言わないという事です。基本的に検索サイトはそのサイトの情報の質を見ていますので、サイトの情報の質を下げるようなリライトはやはり検索順位も落とします。
また、注目度の高いページだからといってあまりに頻繁にリライトしていてもあまりよくないSEO対策をしていると判断されかねません。

文字数については多ければ多いほど良い、という意見もありますが、実際はそれよりもコンテンツの文字列や文字数、関連語や共起語を上手に使っているかどうか、という事がポイントになります。このため、中にはあまりコンテンツのない情報でも検索ニーズにマッチしていれば検索順位も高くなり、逆に文字数がただ多くても関連語や共起語などが無ければあまり良いページとは判断されにくいでしょう。

また、サイトはサイト内の更新頻度も確認しています。サイト内のページ追加の頻度やコンテンツの増え方、それらのコンテンツの的確な情報掲載などがSEOに効果的とされています。特に更新頻度が一定であって離、定期的に更新されているとやはり検索順位もよい傾向があります。

また、中には検索ニーズに応じたサイト改善やコンテンツ改善をする場合もあるでしょう。というのも、検索ニーズに応じて画像を追加したり見やすいサイトにすることは悪い事ではありません。コンテンツの内容を定期的に修正するだけではなく、必要な時に必要な情報量や質で改善することはとても大事なことになります。ただむやみに文字数だけを稼ぐことが良くない場合もありますので、ユーザー目線は忘れないようにしてください。