必見!Googleサーチコンソールの正しい使い道

必ずやっておきたい事のひとつが、Googleサーチコンソールへの対応です。Googleサーチコンソールとは、いわゆる検索サイトがサイトオーナーへ向けたサービスで、検索サイト内でどのような表示や順位、どのような対策をするとよいのか、というようなことが書かれたものです。サイトの検索順位を上げたいとか、上手に手動対策を行いたい場合は必ずサイトを作ったらその段階で登録しておくといいでしょう。

まず、サーチコンソールの使い道としては、サイト内の検索サイトをGoogleに最適化させるという役割があります。例えばどういう検索サイトでやってくるのか、どういうキーワード(クエリ)で検索されているのか、クリック数はどのくらいなのか、という事を表示してくれるのが一つの役割です。このため、サイトにどういう情報を求めてやってきているのか、どういう検索キーワードでやってくるのかという事を知る事が出来ます。特にどういうサイトにするか迷っているような場合や、求められている内容が知りたい場合はぜひ積極的にチェックしておきましょう。

もうひとつはサイトが今のトレンドに最適化されているか、という事です。具体的には、今のサイトはモバイル環境で見られる・的確に使える事が大事ですので、モバイルユーザビリティという物を重視します。モバイルユーザビリティとはモバイルサイト、つまりスマートフォンで見た時に的確にサイトが表示されるか、使いやすいか、という事をチェックします。

また、サイト内のどのページに何があるかを示すための、サイトマップを送信する機能もあります。これはXMLサイトマップと呼ばれる特定のサイトマップを送信することで、サイト内のどこに何があるかという事をサーチコンソールに伝え、検索パフォーマンスを上げるのが目的です。

そのほかにも、SEO対策としての手動対策をしっかり行っているか、サイトのインデックス速度や内容、カバレッジがどのくらいかという事も確認できるでしょう。特に新しいサーチコンソールはエラーやリンク数、被リンク数、インデックス速度などを比較的早く確認できるため、上手に使いこなすと格段にサイト対策につながり、検索パフォーマンスも上がります。

今では、サイト内にエラーを確認したり、XMLサイトマップを送信するなど、新しいサーチコンソールを使うのはサイトを作る人の常識です。検索キーワードを確認したりクエリやそのサイトのカバレッジを改善するためにも、ぜひ早めに登録しておきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧