稼げないときは中古ドメインへの変更を考える

PCとノートPCとタブレットとスマトフォン

もしサイトの評判がなかなか集まらなかったり、サイトの反応が悪い時、どうしても稼げないように感じるときは、ドメインの中でも中古ドメインを探してみましょう。
中古ドメインとはオールドドメインともいわれ、過去にサイト運営のために取得されたドメインを指します。
基本的に誰かが何らかのSEO対策を施したりサイト運営の履歴があるため、すでにある程度被リンクや注目度、検索クローラーの訪問頻度が高いのではないかという意見があり、SEO対策のひとつとして知られています。

最も大きなのが、外部リンクが既にあるという事です。
これは過去にサイトの運営がなされていますから、何らかの形での被リンクやサイト訪問者がいて、外部リンクがある程度されている可能性がとても高いのです。
実はこの被リンクは検索サイトが最も注目するもので、リンクが一つあるだけでもSEO効果は格段に高くなることもあります。
あまり利用歴がなく積極的に更新されていないサイトでも、信頼性の高いところからの被リンクがあるだけでかなり集客が期待できるかもしれません。

特にアフィリエイトをやっている人ほど、集客は大事なものです。
たくさんの人にサイトを見てもらい、たくさんの人に様々な行動に移ってもらわないと収益にはなりません。
たくさんの人にサイトを見てもらい、アフィリエイトリンクを踏んでもらうためにも、多くの集客が必要になります。
このため、有名なアフィリエイターはオールドドメインの活用に積極的です。
すでに稼げなくなったページや過去に運営していたドメインを再利用したり、いろいろな形でリンクを張るなどの工夫を行っています。

特に稼げないときにこそ、効果は大きな影響をもたらします。
しっかり対策を行って外部リンクも増やしているのにリンクが増えない場合、オールドドメインに切り替えて様子を見ると効果を感じられるかもしれません。
特に良質な運営を行っているのに集客が出来ていないようなときは、そのドメインではなくオールドドメインに切り替えることでSEO対策もしっかりできるようになるかもしれません。

気をつけたいのは、過去に運用していた中古ドメインは必ずその内容も評価されているという事です。
このため、コンテンツに大きな違いがあるような場合、場合によっては思ったほど効果が出にくい場合もあるでしょう。
このため、出来るだけ自分のコンテンツと同じような運営履歴のある中古ドメインを探すのが一つの方法です。

サイト内検索
人気記事一覧