被リンクを増やす方法とその効果を検証

良い作業机に置いてあるPC

被リンクを増やすことで、SEOに効果的という事が分かっています。もしサイトのドメインを変更できるのならば、既に被リンクのある中古ドメインを使うのも方法です。

そもそも中古ドメインとは何かというと、既にどこかで誰かが使ったドメインという事になります。誰かが使ったものですので、当然被リンクがある程度あり、質も様々です。このため、被リンクがある程度あり、サイトの品質やその評価が高いドメインを購入することが一番早くSEO対策につながるかもしれません。

ただ、どの中古ドメインを購入しても良いというわけでもないのです。例えば中古ドメインには評価基準という物があり、例えばサイトの被リンク対策や外部対策がしっかり行われていれば評価も高く、バッドテクニックを使ったSEOをしているのであれば評価が低い傾向があります。
基本的に中古ドメインの中でも的確に対策をしたり、大手サイトや信頼性の高い公的機関のサイトなどから被リンクを受け散るドメインは良質な分、購入時に金額が高額になる傾向があります。このため、ある程度出費が必要になることは間違いありませんので、気を付けておきましょう。

また、中古ドメインの中には悪質なドメインもあります。
その一つが悪い外部対策を行ったドメインです。いわゆるバッドテクニックとされるSEO対策を行っているドメインは質が悪いとされ、そういったドメインのサイトはSEO的に悪い影響を及ぼしかねません。

このため、良質なドメインを獲得してリンクを増やす、あるいは既にあるように見せかけるのがとても大事な事なのです。
基本的にはバックリンクの数が大事なのですが、当然質も重要です。どういうサイトから被リンクを受けているかによって、実はそのドメインの価値も変わってきます。また、被リンクを受けた頻度やその内容、サイトの価値などによっても価値は変わるでしょう。

基本的に良質なドメインは高額で販売されている分、SEO対策も期待できる傾向があります。ある際意図の中古ドメインの場合、ドメインを変更しただけで一気にサイトの知名度や注目度が高くなったという結果もあります。
ですので、良質なドメインを的確に選び、的確に獲得して自分のサイトのために使うのがSEO対策のひとつといえます。今のドメインでは価値がないとか、今のドメインでは人が集まらないという時には、ぜひ中古ドメインを利用してみるといいでしょう。