Googleによるペナルティの特徴と確認方法

Googleは上手な検索順位アップのための方法を広く公開しています。このため、良い方法であればすぐに取り入れてサイトの検索順位アップにつなげられますが、その一方で悪い方法を取っているサイトには容赦しません。
Googleによるペナルティはいくつかあります。出来るだけペナルティを受けないようにするために、特徴と確認方法を知っておきましょう。

まず、自動でペナルティを受ける場合です。これは実はどうして発動したのか、そしてどうやって解除できるのかは何とも言う事が出来ません。というのもGoogle内部の検索エンジンがそう判断したためだったり、Google Search Consoleでのプラグインの使用がおかしいなど、一概にすぐに対策がとれるわけでもないのです。
よく言われているのは、記事本文に何らかの問題があったり、貰ったリンクの質があまり高くないような場合に差が出るのではないか、という事です。特に大型アップデートの後に行われる順位の変動はこれまで気づかなかったような変動の可能性もありますので、注意しておきましょう。

もう一つは手動ペナルティという物で、Googleの中の人が判断したペナルティになります。これは悪質なリンクを買ったりブラックハットSEOを行ったと判断される場合に発動し、検索順位が著しく大きく下がったり、そもそも表示されないなどの可能性があるでしょう。

これらを確かめるためには、Google Search Consoleを使います。Google Search Console上に何らかの警告メッセージが出ているような場合、リンクを否認することで自動ペナルティや手動ペナルティが解除される場合があります。また、Google Search Console内のプラグインの使い方が悪い場合も警告が出るでしょう。
この場合はその警告を受けたリンクを否認することで、意図しないリンクだとGoogleに伝える事が出来ます。そうなるとペナルティも解除され、検索順位が元に戻る可能性もあります。

また、もしペナルティを受けてしまった場合、サイトをそもそも一から作り直すのであればインデックス削除というのも方法です。インデックス削除とはサイトの情報をイチイ的にリセットするもので、評価なども消されます。

基本的に記事本文に問題がなく、サイト運営で変なリンクを受ける事もなければあまりに敏感になることはありません。ただ、バッドテクニックを用いたSEOを行っていたり、悪質なサイト運営を行っている場合、検索順位に悪い影響を及ぼす可能性はあるでしょう。