Googleアナリティクスの活かし方とは?

アクセス解析のひとつとしてとても有名なのが、Googleアナリティクスです。これはGoogleサーチコンソールと同じように、Google内のサービスのひとつで、ほぼすべてのサイトオーナーやWebサイト運営者が登録して活用しています。

Googleアナリティクスの最も大きな点は、これがアクセス解析であるという事です。具体的にどこから来てどのような行動を行い、どのページで離脱したのかを確認できます。例えば特定のページで直帰率が高い場合はそのページ内に希望する情報が無かったのかもしれない、と判断し、新たにサイト内にその情報を扱ったページを掲載できるでしょう。ユーザーの行動フローもチェックできますので、どういう動きをしているかを確認し、案内を配置したりサイト回遊のための様々なサイト改善を期待できます。

また、特定の特に注目度の高いページをランディングページとして設定し、そのページ内の行動や直帰率なども確認できます。ランディングページ内ではたくさんの情報ではなく特定の情報やサービスを案内する事が多いので、そのページ内でどういう風にユーザーが動くか、また、そのページからどのくらい成果が出たかも確認できるでしょう。

また、離脱ページをチェックすると様々な事が分かります。これはサイト回遊をしている人やサイトにやってきた人がそのサイトから出て行ったページのことで、たくさんのページの中でそこから離脱したという事も分かるでしょう。
離脱ページが特定のページだという場合、中にはその離脱ページからのリンクが行動フローに含まれている場合もあります。また、そのページでコンテンツが終わってしまったという場合もあるでしょう。どのみち、その離脱ページをベースにしてサイト改善を考える事も出来ます。

意外かもしれませんが、アナリティクス内にはメモ機能もあります。これはただの文章を入力するものですが、サイトの改善やページの改善などにつながる行為をした場合、その内容をメモに残しておけば前後で違いを判断出来るでしょう。特にメモ機能は意外と使われていませんので、的確に使うといろいろな情報を残しておけます。

そのほかにも、訪問者の内容を確認できるチャネルというのもあります。これはどこからどうやってきたのか、という事を判断する情報で、検索サイトから来たのか、ブックマークから来たのかなどを判断できるのです。

こういったチャネルやメモ機能などを使うと、サイト改善につながります。PDCAという行動理論があり、特にアナリティクスではPDCAもCとAの部分に注力できるでしょう。